インテリアを学ぶ

実用的なインテリア、アンティークランプ

アンティークランプは、インテリアとしても専門的な骨董品収集家から、私たちが日常で楽しめるものまで幅広く輸入されています。ペンダントやシャンデリアに比べると、実用性が高く形や色柄も豊富で好みのものを見つけ出す楽しみを味わえます。インテリアの専門学校では、アンティークランプについても学び、色々なランプに接する機会が多くなるのもインテリア専門学校の特権でしょう。輸入されているものは日本でも使えるように配線を変更して販売されていますので、ランプの場合はすぐに使えると考えてよいです。本体と、シェードがセットで販売されている場合と、個別のものがありますので、個々の場合は実際に取り付けてバランスのチェックは重要です。

インテリア照明のシャンデリアとペンダント

インテリア専門学校で学習する内容として、アンティークインテリア照明の種類があります。部屋の天井から吊り下げるタイプはペンダントとシャンデリアがあり、壁に取付けるブラケットというものもあります。シャンデリアというと沢山の豪華な電球が付いたものを想像しますが、アンティークインテリアのシャンデリアに多いのは2〜3灯のシェード付きのものや、キャンドル型の照明が数灯付いたもの等シンプルで優雅なものが多いです。ペンダントはシェードの形が魅力で、小さいので玄関やサニタリーなどに向いているでしょう。実際に照明のコーディネートが試験にあるインテリア専門学校もあるようです。ランプと違ってシャンデリアは非常に重いので、場合によっては天井が重さに耐え切れず工事が必要な場合もあります。